2013年05月14日

相当因果関係 @かがみもち

法律用語って、ときに、人の心を傷つけますよね。
昨日の「ふくしま復興共同センター」主催の政府・東電交渉で、それを実感した場面がありました。

原子力規制庁、復興庁、経済産業省、文部科学省との交渉もさることながら、
東電のみなさんとの交渉は、「相当因果関係」という言葉に振り回されました。

きっかけは、私の質問。
「今年も高校のプール授業は行わないこと、小学校は今年も運動会を短縮することが早々と決まりました。保育園では除染が終わった園庭では遊んでいるけどお散歩には行けない日が続いています。先日、保育園の遠足で線量の低い地域の野山で遊んできましたが、子どもたちの体力が落ちているというより、体力がついていないことを痛感しました。精神的被害というより、体力をつける機会が少なくなっているという実害だと思います。ここ福島市でもそういう状態であることが続いているという認識はありますか?」
認識いているか、していないか、答えはそれだけでよかった。
「認識があるのなら、誠実に対応してほしい。」と話を続けるつもりでいました。私個人としては、お金の問題よりも、除染とか就職作業とか、廃炉とか、ちゃんと対応してということを言いたかったのです。

東電さんの回答
「そのようなご努力やご苦労は存じておりますが、中間指針(文科省が出してる賠償に関する指針)と照らしても相当因果関係はないものと…」

相当因果関係…社会通念上、Aという行為からBという結果が生じることが相当であると考えられる場合にのみ、法律上の因果関係を認めるとする考え方。因果関係の有無を判断するための法律上の概念。犯罪の構成要件に該当する行為や損害賠償の責任を負う範囲を適切に制限するために用いられる。[デジタル大辞泉より]

昨日は私の隣や後ろに座っていた保育士さんたちの驚きよう。
そりゃそうでしょう。だって、彼女たちが子どもたちの不要な被ばくを極力抑えながら、体力をつけるためにやってきた努力、食品検査器で測りながら給食を作っていることなどが、まるで心配しすぎで勝手にやっている努力とでも言いたそうな表現だったのですから。

その他の賠償に関するものを含め、このやり取りを見ていた文科省の担当の方も、
「中間指針は最低基準であって、それ以外は認めないとか、それ以上のことをやってはいけないということは一言も言っていない。とても違和感を感じる」と感想をおっしゃっていました。

東京電力の立場になってみれば、この回答はしょうがない。相当因果関係を認めれば莫大な賠償費用がかかり、会社の存続に関わりますものね。

だけど、ここで踏ん張っている私たちの前で、その言葉は使ってほしくなかったな。

うまく表現できないけれど、私たちが相手にしている東京電力は、あらためて「大企業」なんだなと思いました。ほんと、うまく表現できないけど。

かと言って、引き下がるつもりもないですけど。

ただ、ひとこと。
なんだかなぁ。



posted by ふくしま復興共同センター子どもチーム at 11:45| Comment(1) | つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月10日

ふくしま復興共同センターふくしま怒りの総行動part5 @もずく

IMG_0003.pdf
↑開いたら右回転してみてくださいあせあせ(飛び散る汗)(メカに弱くてちゃんと貼れない…)
もう来週早々なのですがあせあせ(飛び散る汗)5月13日13:00〜福島市AOZで、政府・東電交渉します演劇
みなさんご参加くださいわーい(嬉しい顔)グッド(上向き矢印)
昨年11月17日二本松での交渉では、復興庁ドタキャンしてこなかったけどむかっ(怒り)今度は来るんだっぺねダッシュ(走り出すさま)
復興庁の福島事務所から歩ってもこれんだからねexclamation×2

今年も福島市の小学校の運動会は午前中だと聞きました。(わが家は中学校になりました)
除染があっちこっちで始まったぴかぴか(新しい)と思ったら、六魂祭(東北のお祭りが福島市に大集合exclamation6月1〜2日)の会場まわりをやってるんだね。やればできるんだっぺ〜、その勢いで市内全域やってもらわねどひらめき

なかなかブログ更新できないバタバタした生活が続いてますたらーっ(汗)
中学生は忙しいね〜あせあせ(飛び散る汗)息子は、早速中間テストの範囲とかがでて、それまでの課題があるみたいで、部活で疲れきって帰ってきて、ヒーヒー言ってやってますあせあせ(飛び散る汗)
私らのころは、勉強するもしないも本人にまかされてた気がするけどね。
今は、課題をやって提出しないとならないみたいでダッシュ(走り出すさま)
親子ともども早く中学校生活のリズムにのりたいものですわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)






posted by ふくしま復興共同センター子どもチーム at 08:13| Comment(2) | つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月17日

ドキドキの春@もずく

ごぶさたしましたわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)
息子の小学校卒業、中学校入学でバタバタの毎日をおくっていましたダッシュ(走り出すさま)
今もまだバタバタの最中ですがあせあせ(飛び散る汗)何年ぶりだろう?花見山にいってエラク感激したのでお知らせしますわーい(嬉しい顔)グッド(上向き矢印)
いろいろあった息子の小学校生活が無事おわり、1学年1クラスの学校から7クラスもある中学校へあせあせ(飛び散る汗)
心配性で緊張し〜の息子は、入学式ですっかりのまれ圧倒されふらふら
翌日は帰宅するなり「早く卒業したいたらーっ(汗)」と。
その翌日は「幼稚園のときいっしょだった子と友達になったグッド(上向き矢印)」と。
その翌日は「女子にいじられて最悪バッド(下向き矢印)」と。
毎日、毎日「今日は帰ってきてなんていうんだっぺ」と考えるとドキドキの毎日わーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)
こないだの日曜日、お天気もよく、ちょっとナーバスになっている息子をさそって花見山にいってきました晴れ
十数年前、結婚して福島にきて初めて花見山にいったとき、頭の中に「ぼ〜や よいこだ ねんねしなるんるん」と日本昔ばなしのテーマソングが流れてきたことを思い出します。
相変わらずきれいでしたぴかぴか(新しい)
今日から部活に仮入部して、早速いろんなことが心配でナーバスになってる息子ふらふら
1年生は球ひろいだからexclamation×2と励ましわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)
まだまだドキドキの毎日はつづきますダッシュ(走り出すさま)

DSCN2052.JPG




posted by ふくしま復興共同センター子どもチーム at 00:09| Comment(2) | つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月28日

ようやく出ましたね @かがみもち

ひさびさびさの書き込みでございます、かがみもちでございます。
今日はとってもよい天気晴れ
こういう日には仕事をおっぽって(って、福島弁?)、山越えして猪苗代湖畔でもドライブに行きたい衝動にかられますが、みなさまはいかがお過ごしですか?
季節は春。
先日の卒業式・卒園式に続き、今日は離任式が行われました。
お世話になった先生、たびたび我が家の夕食時のネタにされた先生(exclamation&question)など、思い出深い先生方。
新しい学校でもどうぞご活躍くださいぴかぴか(新しい)

さて。

今日のニュースはこれですexclamation×2

「浪江・小高原子力発電所建設計画の取り止めについて」(東北電力のサイトより)
http://www.tohoku-epco.co.jp/news/atom/1184225_1065.html

昭和43(1968)年の計画発表以来、40年以上にわたり立地を進めてきたけれど、2年前の3月11日以降、浪江・南相馬の相次ぐ「誘致決議」を破棄する決議、そして、地元の現状と心情などを踏まえると、「極めて困難な状況」になったと。

3.11以降も、東北電力のサイトの今後の建設計画のページから「浪江・小高原発」が消えないことがずっと気になっていました。
「こんな状況になっても、そこに立てる?」
すでに土地を売却された方もいらっしゃるし、地元の複雑な思いもあるでしょう。
計画が取り止めになったからと言って、すっきり解決というわけにはいかないでしょう。
女川や東通原発の再稼働・増新設の問題もあります。
でも、東京電力がいまだ福島第2原発の今後について明言しないこと(動かしたいと考えているらしいこと)に比べると、東北電力の方が、まだ、現場が見えているのかな、と思ったりします。
いろんな問題に関して、すっきりした回答が得られない中で、今日の「取り止め」のニュースは、とても分かりやすい答えだなと思いました。

posted by ふくしま復興共同センター子どもチーム at 15:53| Comment(1) | つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月18日

3・11から2年 福島のいまを発信 @もずく

東日本大震災・東京電力福島第一原発事故から2年。
3月11日前後に全国各地でひらかれた、原発ゼロの集会などに福島からきてほしいと
声をかけていただいて、ふくしま復興共同センター、そして子どもチームのメンバーは
各地で 「福島のいま」を発信してきました演劇わーい(嬉しい顔)

わたしは、3月9日「福島の現状を知るツアー(だったかな?)」のみなさん(福島市)
3月10日「大震災からの復旧・復興と原発ゼロへ秋田集会」(秋田市)
3月16日「非核の政府を求める会・シンポジウム 新「原発安全神話」と国民の安全」(東京)
で福島の現状や、子どもたちの様子、私たちの運動などの話をさせていただきましたダッシュ(走り出すさま)

3月9日は、北は北海道、南は岡山から160人のみなさんが2泊3日で福島の現状をみにきてくれました。
3月10日は200人、3月16日は100人を超える参加で、みなさん真剣に話をきいていただいてうれしかったです黒ハート

9日は、福島市の農民連の果樹農家さんとごいっしょして、
10日の講演は日野秀逸さん(東北大学名誉教授)で
16日のシンポジウムのパネリストは、野口邦和さん(日大歯学部准教授)、斎藤紀さん(福島・わたり病院)、 立石雅昭(新潟大学名誉教授)、笠井亮さん(日本共産党衆議院議員)
と、わたしが学ばせていただくことがいっぱいでしたメモ

DSCN1966.JPG DSCN1970.JPG

日野秀逸さんは、3・11の前の年、福島市で開いた「日本母親大会」の全体会で講演していただいたので、
とっても懐かしかったです 日野さんも宮城で被災されたそうです。
戦前の日本には「社会保障」がなかったバッド(下向き矢印)、住宅も社会保障で保障されるものひらめき
いま株価があがっているのは気分の問題だけバッド(下向き矢印)、消費税が3%→5%から景気が低迷・自殺者が3万人超むかっ(怒り)日本は所得の再分配機構が機能していないバッド(下向き矢印)、でもお金(財源)はあるところにはあるひらめき
消費税増税をあきらめないで、夏の参議院選挙が大事と。がんばんねば〜と思って帰ってきました。
秋田の新婦人のみなさんから応援のタペストリーもいただいてきました黒ハート

DSCN1986.JPG

16日のシンポジウムは、わたしが原発事故直後はじめて放射能についての話を聞いたのが、
斎藤紀先生で、 2年前のころの気持ちがよみがえってきて、なんだか涙がでそうになって
自分ではかなり落ち着いたと 思っていたけれど、心配な気持ちを無意識におさえこもうと
してたのかな〜と自分でもびっくりでした。

4人のパネリストのみなさんの、まとめで話されたことがすごく納得でしたひらめき
野口さん 政府、行政、国民の信頼関係がくずれてしまっていて、正しいことが伝わらなくなっている。
斎藤さん チェルノブイリのレポートにふりまわされた2年間だった。チェルノブイリと福島の違いをとらえなおす必要がある。
立石さん 福島の事故に学ばない科学者や、科学を悪用する学者がいることにショックをうけている。
笠井さん 「エネルギー基本計画」を策定する委員15人中、脱原発をいう人は2人だけ…

参加者の科学者の方の発言で、科学者があつまって知恵をだしあおう!と前向きな提案もあってうれしかったです黒ハート
ホントに、世界中の英知を結集して、子どもたちの未来をまもっていきましょうグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
posted by ふくしま復興共同センター子どもチーム at 09:21| Comment(0) | つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。