2013年05月28日

化粧 @かがみもち

東北六魂祭までのカウントダウンの声が大きくなった福島市。
昨日は、メイン会場に近い国道の「放置自転車一斉撤去」が行われました。
東北6県の県庁所在地のお祭りのほかにも、ライブや物産展なども開かれるようで、だんだんと詳細がわかってくると、お祭り好きな私としては興味深い。

ただ、福島市全体の除染が進まない中で、会場周辺の除染や整備が優先されて行われてることに、市民は様々な感情を持って見ているようです。

福島市渡利地区の除染も昨年に引き続き行われていますが、先日、渡利地内のスーパーで買い物をしていると、ご婦人同士の会話が聞こえてきました。
「除染の順番来て、ようやくやってもらったけど、やったんだかやってないんだかわからない」
「線量を教えてくれないっていうのも、なんだかね」
「結局、『やってます』『やりました』ってアリバイ作ってるだけなんじゃないの?」
「六魂祭会場周辺の方が、よっぽど熱心にやってもらえてるみたいよ。」

最後の部分は、「やっかみ半分」もあるでしょう。でも、前半部分は、私も同じ感想を持っていたので、購入した商品をマイバッグに入れながら、うんうん、と聞いてしまいました。

ある自動車屋さんで。
「今、六魂祭のための除染してるじゃないですか。復興にかける思いは理解できるんですよ。でも、なんだか、そのためにお化粧した福島を見せているようで…。素顔の福島を見てほしいと思うんですよ。」
と、営業の方が熱く語っておられました。(なんでこんな話になったかは不明…。)

お化粧した福島。

みなさんは、どう感じているのでしょうか。


posted by ふくしま復興共同センター子どもチーム at 09:58| Comment(0) | つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。