2013年03月18日

3・11から2年 福島のいまを発信 @もずく

東日本大震災・東京電力福島第一原発事故から2年。
3月11日前後に全国各地でひらかれた、原発ゼロの集会などに福島からきてほしいと
声をかけていただいて、ふくしま復興共同センター、そして子どもチームのメンバーは
各地で 「福島のいま」を発信してきました演劇わーい(嬉しい顔)

わたしは、3月9日「福島の現状を知るツアー(だったかな?)」のみなさん(福島市)
3月10日「大震災からの復旧・復興と原発ゼロへ秋田集会」(秋田市)
3月16日「非核の政府を求める会・シンポジウム 新「原発安全神話」と国民の安全」(東京)
で福島の現状や、子どもたちの様子、私たちの運動などの話をさせていただきましたダッシュ(走り出すさま)

3月9日は、北は北海道、南は岡山から160人のみなさんが2泊3日で福島の現状をみにきてくれました。
3月10日は200人、3月16日は100人を超える参加で、みなさん真剣に話をきいていただいてうれしかったです黒ハート

9日は、福島市の農民連の果樹農家さんとごいっしょして、
10日の講演は日野秀逸さん(東北大学名誉教授)で
16日のシンポジウムのパネリストは、野口邦和さん(日大歯学部准教授)、斎藤紀さん(福島・わたり病院)、 立石雅昭(新潟大学名誉教授)、笠井亮さん(日本共産党衆議院議員)
と、わたしが学ばせていただくことがいっぱいでしたメモ

DSCN1966.JPG DSCN1970.JPG

日野秀逸さんは、3・11の前の年、福島市で開いた「日本母親大会」の全体会で講演していただいたので、
とっても懐かしかったです 日野さんも宮城で被災されたそうです。
戦前の日本には「社会保障」がなかったバッド(下向き矢印)、住宅も社会保障で保障されるものひらめき
いま株価があがっているのは気分の問題だけバッド(下向き矢印)、消費税が3%→5%から景気が低迷・自殺者が3万人超むかっ(怒り)日本は所得の再分配機構が機能していないバッド(下向き矢印)、でもお金(財源)はあるところにはあるひらめき
消費税増税をあきらめないで、夏の参議院選挙が大事と。がんばんねば〜と思って帰ってきました。
秋田の新婦人のみなさんから応援のタペストリーもいただいてきました黒ハート

DSCN1986.JPG

16日のシンポジウムは、わたしが原発事故直後はじめて放射能についての話を聞いたのが、
斎藤紀先生で、 2年前のころの気持ちがよみがえってきて、なんだか涙がでそうになって
自分ではかなり落ち着いたと 思っていたけれど、心配な気持ちを無意識におさえこもうと
してたのかな〜と自分でもびっくりでした。

4人のパネリストのみなさんの、まとめで話されたことがすごく納得でしたひらめき
野口さん 政府、行政、国民の信頼関係がくずれてしまっていて、正しいことが伝わらなくなっている。
斎藤さん チェルノブイリのレポートにふりまわされた2年間だった。チェルノブイリと福島の違いをとらえなおす必要がある。
立石さん 福島の事故に学ばない科学者や、科学を悪用する学者がいることにショックをうけている。
笠井さん 「エネルギー基本計画」を策定する委員15人中、脱原発をいう人は2人だけ…

参加者の科学者の方の発言で、科学者があつまって知恵をだしあおう!と前向きな提案もあってうれしかったです黒ハート
ホントに、世界中の英知を結集して、子どもたちの未来をまもっていきましょうグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
posted by ふくしま復興共同センター子どもチーム at 09:21| Comment(0) | つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。