2012年05月30日

脱原発・再生可能エネルギー中心の社会へ@もずく

5月19日、息子の運動会が午前中でおわったので…「原発問題連続学習会」の3回目、日本環境学会会長の和田武さんの講演を聞いてきましたひらめき
先日NHKの番組を見ていたら、福島県は「2040年までに県内のエネルギー需要を100%自然エネルギーでまかなえるように」という目標があって、さまざまな取り組みが始まっているって夢のような話をしていたんだけど、福島県に住んでいるのに私はそんな気配をまったく感じることがなくたらーっ(汗)でもホントだったら福島の未来に希望がぴかぴか(新しい)とムクムクと興味がわいてきて郡山まで車を飛ばして参加しました車(セダン)ダッシュ(走り出すさま)

和田武さんは、経済産業省の第三者組織「調達価格等算定委員会」の委員で、政府が2012年7月から始める自然エネルギーの新たな普及制度で、電力会社の買取価格の決定にかかわっている方だそうです。
デンマークとドイツを例に、日本との違いなどを熱く語られましたカラオケ

デンマークやドイツと日本は、まず「政策」がちがう。(やっぱり政治を変えないとダメですねパンチ
福島原発が事故をおこして大変なことになってるのに、日本はまだ原発を推進しようとしてるしねむかっ(怒り)
自然エネルギーを増やしている国は山岳国や森林国で、日本も山岳国だし森林国だから自然エネルギーはいっぱいあるってグッド(上向き矢印)

今までは太陽光パネルとかつけても得することはなかったけど、7月から実施される電力買取価格だと、損をすることはないんだそうです晴れ
大規模なメガソーラーとかじゃなく、住民も参加して小規模な発電所をたくさんつくることで、雇用がうまれ、地域が豊かになってぴかぴか(新しい)
でも誰かにやってもらうんじゃなく、自分たちが主体的になってやらないと何も変わらないよってexclamation×2

なんかうまく伝えられませんが福島の未来に希望の光が〜
福島県は再生可エネルギーの転換の先頭にたっていかないとねexclamation×2
わたしたちに何ができるか考えていきましょうわーい(嬉しい顔)
DSCN0820.JPG DSCN0816.JPG

DSCN0727.JPG
運動会はいいお天気でした晴れ






posted by ふくしま復興共同センター子どもチーム at 00:15| Comment(0) | つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月24日

夏が来る前に… @かがみもち

久々々の登場でございます。
5月5日以降、「原発稼動ゼロ」の日が続いておりますが、
みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

子どもチームはといいますと、
福島市の現状を見に全国各地からいらっしゃった皆さんの前でお話しする機会が増え、
メンバーそれぞれ個性豊かにお話させていただいております。
また、5月11日・12日の静岡県に続き、6月2日と9日は仙台市、6月23日は秋田県、などなど、
全国巡業(!?)も続々と入ってきております。
1年2ヶ月が過ぎ、原発そのものの情報以外はあまり報道されなくなった福島。
いま、この地で、子どもや保護者たちがどんなことを考えながら、そして、どんな様子で暮らしているか、
その一端をぜひ知っていただきたくて、なるべくお断りせずに、お話させていただいている今日この頃です。

前の記事で、もずくさんが書いていた、福島市のエアコン設置問題。
その中にも出てきた文科省の見解についてですが、
「学校環境衛生基準」(平成21(2009)年4月1日施行)なるものがございます。
それによると、
「(2)温度 10℃以上、30度以下であることがのぞましい」
「(5)気流 0.5m/秒以下であることがのぞましい」
「(12)騒音レベル 教室内の等価騒音レベルは、窓を綴じているときはLAeq50dB(デシベル)以下、窓をあけているときはLAeq55dB以下であることがのぞましい」
となっています。
温度については、福島市の教育部長さんも認めている通り、夏暑くて冬寒いのが福島市の特徴です。
夏休み前から30℃を超す日々は続き、2学期が始まっても1ヶ月程度は30℃超えの日が続きます晴れ晴れ晴れ

そういえば、数年前のことですが、我が家の長男が熱中症で学校から病院に搬送されたのは、9月30日でしたあせあせ(飛び散る汗)

ほんでもって、「気流」と「騒音レベル」についてですが、
昨年、扇風機が教室の前後に2台ずつ、計4台ついたことによって、「鉛筆やプリントが飛ばされる(逆に、真ん中の子には風が届かない)」、「扇風機の音がうるさい」という声が出ています。
ということは、だ。
実際計測したわけではないけれど、基準を超えてる可能性も否定できないわけで、
福島市が扇風機で対応してしまったばっかりに、文科省が定める「学校環境衛生基準」に、温度ばかりでなく気流や騒音の3点で、違反、というか、のぞましい状態ではなくなってしまったんじゃないか、と思うのです。

まだまだ全国的にも「教室にエアコンがついてるよぴかぴか(新しい)」というところは少ないと思います。
なので、「贅沢いってんじゃない?」という声も聞きます。

二本松市や伊達市ではすでにエアコンが設置され、南相馬市もエアコンの導入を決めました。
福島市で生活しているがために、夏の暑さにも騒音も、すべて我慢しなくちゃならないのは、なんだか納得いかないのです。
ただでさえ、いろんな制約・制限の中で、一生懸命がんばっている子どもたち。
せめて、教室内だけでも快適な環境で学ばせてあげたいっつう親心なんですが、ダメでしょうかもうやだ〜(悲しい顔)
いろんな資料を見ていると、費用の面でも、電力の問題も、クリアできると思うんですけどね〜。

6月議会に向けて、エアコン設置だけに要望を絞った署名活動も行われています。
「おっちゃん、おばちゃんたちは、あんだだぢが、学校でうんと勉強できるように、楽しく生活できるように、いろいろがんばっから、あんだだぢもがんばって。そして、あんだだぢが大きくなったら、福島のこと、よろしくねexclamation
という思いを態度で示すような議会・行政であってほしいなぁと思うのです。

求めているだけじゃなく、私たち親もその姿を子どもたちに見せないと、ですけどね。

「親の背中を見て、子は育つ」
この広くて、ぶ厚い私の背中。
うちの子はどんなふうに見てるんだろう・・・たらーっ(汗)







posted by ふくしま復興共同センター子どもチーム at 11:41| Comment(0) | つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月14日

学校にエアコンは子どもの成長によくない? @もずく

5月11日、新婦人福島支部が市議会に提出して継続審査になっていた「子どもたちを放射能から守るために小中学校にエアコンをつけて!」の請願を審議する臨時議会が開かれました。
このタイミングで採択されれば、今年の夏にはエアコンがつくexclamation×2と期待に胸をふくらませて傍聴にいってきましたダッシュ(走り出すさま)
昨年もエアコンをつけて!と要望したけど、福島市は扇風機になっちゃって…
おとなりの伊達市や二本松市はエアコンがついたのにむかっ(怒り)
福島市の教育委員会は議会で「暑さ寒さに耐えるのも教育だ」と信じられない発言をしていましたパンチ

さて市の教育委員会の答弁は…
・窓を開けても放射線の値はかわらない。
・まず@耐震化 AIT化 B給食施設の修繕(だったかな?)を急ぐ。
・昨年は扇風機が入ったのが2学期からというところも多く、さらに全校の窓ガラスに遮熱フィルムを貼ったので、今年はそれでやってみる。と…

「エアコンより自然のままの方が体によいという根拠は?」の質問に対して
「発汗することで汗腺が発達する」ってexclamation&question
四六時中つけとけって言ってないし、それに汗腺が発達するのって3歳くらいまでじゃなかったexclamation&question

議員の質問を聞いてたら、エアコンにかかるお金は東電に請求できるらしい。
さらに、文科省は30℃を超えるところではエアコンをつけるようにと通達してるらしい。
福島市は盆地だから真夏はかる〜く30℃なんて超えちゃうし、湿度も高い晴れ

エアコンをつけることに何のハードルもないと思うんだけど目

エアコンをつけることに賛成の意見をいっていたのは日本共産党の議員だけで、あとの会派の議員は、賛成なんだか反対なんだかよくわからない質問をしてて(登校時間を早くして、暑くなる前に下校させるのはどうか!と意見した議員がいたけど、何時に学校行けっていうの…ふらふら)、
議長が採決しようとしたら「休憩をいれて会派ごとに意見をまとめよう」という議員がいて(そんなの議会の前に話し合ってるハズじゃないのパンチ)、休憩に入って、再開したら「継続審査」だってがく〜(落胆した顔)

不採択よりはよかったけど、なんでエアコンいれることに反対なのちっ(怒った顔)
自分たちだって真夏はエアコンのある涼しいところで仕事してるんでしょちっ(怒った顔)
真夏の学校の教室で仕事してみたらいいんじゃないのちっ(怒った顔)

原発事故の影響でたくさんの人が避難してたり、不安な気持ちでいるんだから、エアコンだけじゃなく、屋内の遊び場や、安全な屋外の遊び場とかいっぱいつくったり、医療費や健康診断がずっと無料とか、子どもたちを守るから住んでいて大丈夫黒ハート避難したひとも戻ってきて黒ハートっていえるような対策をどんどんすすめてくれないと、福島市の未来はなくなっちゃうよパンチ

みんなでもっともっと声を届けていこう演劇

DSCN0696.JPG DSCN0695.JPG

久しぶりに「10・30集会」の会場になった四季の里にいってきました。家族づれなどたくさんの人でにぎわってました。
モニタリングポストの数値は0.288マイクロシーベルト。うちの息子の学校の除染した校庭くらいの数値です。
posted by ふくしま復興共同センター子どもチーム at 02:11| Comment(1) | つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。